Restaurant Fumi

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜は、
東銀座の隠れ家的場所にある「Fumi」で
友人の門出を祝う食事でした。

初めてお伺いしましたが、
選び抜いた食材を考え抜いたシンプルな調理法で
美味しく食べさせてもらえる素晴らしいお店でした。

赤白泡蒸留酒の会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜は、
荒木町「メゾン・ド・ミナミ」で
塩手さん仕切りの「赤白泡蒸留酒の会」でした。

2006年ブルゴーニュの飲み比べを中心に、
楽しい会になりました。
どのワインも素晴らしかったし、
料理も堪能しました。

妻と「INACASA」でディナー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜は妻と
東神奈川「INACASA」でディナー。
少し品数が少ないコースにしてもらいました。

少ないといっても十分にお腹はいっぱい。
いつもながら創意工夫あふれる料理を
目の前で調理してくれて、
調理法の説明、ワインのペアリングとその説明も合わせて、
目と口と耳とで楽しめる素晴らしい稲崎劇場を堪能しました。

ごちそうさまでした。

パークハイアット「ジランドール」でランチ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日はドライヴがてら、
インテリア関連を見に妻と新宿パークタワーへ。

何も予約してないわれわれは
ピーク・ラウンジにフラれて
「ジランドール」でランチにありつきました(笑)。

クルマなのでワインが飲めないのが残念!
どれも美味しかった。ごちそうさまでした。

"「本や図書館に関する専門書は数あれど、
それらの破壊の歴史を綴(つづ)った書物は
存在しない」と著者はいう。
その欠落を埋めるべく書かれた
まことにコンプリートな書物の破壊の世界史である。"

今日の日経新聞読書欄、
記号学者・石田英敬さんの『書物の破壊の世界史』書評から。
著者は書物の殺戮を
ホロコーストならぬ「ビブリオコースト」と名づけているという。

クリムト展

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今日は
東京都美術館で「クリムト展」を観てきました。
入場の待ち時間は10分。
クリムト家の家業の金細工と
ジャポニスムの影響の大きさに衝撃を受けました。